ノートルダム・ド・フルヴィエール・バジリカ聖堂に行ってみた(^-^)

こんにちは、こんばんは!

 
今日はリヨンのフルヴィエールの丘にある「ノートルダム・ド・フルヴィエール・バジリカ聖堂」(←長くて舌噛んじゃう)について投稿します‼️
 
f:id:MasaFra:20201028085133j:image
 
リヨンは下の写真↓の様にLe Rhône(右のローヌ川)とLa Saône(左のソーヌ川)の2つの川が流れており、この写真左下辺りの大聖堂がある所をフルヴィエールの丘と言います。
そして丘とソーヌ川に挟まれた一帯の事を「旧市街」と呼びます。
IMG_2985
行き方は2つ‼️
1️⃣ケーブルカー
2️⃣徒歩
私はもちろん徒歩^ ^
 
1️⃣ケーブルカー
IMG_2979
↑丘の麓にある地下鉄D線と共同の駅でケーブルカーの駅でもある「Vieux Lyon」。
ここからはF1(ここからガロ・ローマ劇場行き)とF2(ここからフルヴィエールの丘行き)の2本があり時刻表を見たら5〜10分おきにあります。
 
2️⃣徒歩
登る道は幾つかあるみたいなのですが、私が登った道で投稿します!!
IMG_2942
↑スタートはここ!!
「Vieux Lyon」駅を正面に見て左へ3分程行った所にある坂道です!!
中々な斜面じゃないですか!?😆
この斜面を10分程登ります!
 
IMG_2882
↑坂道のドン突きを右に曲がって再び登っていきます!この辺りから景色が良くなってきます^ ^
 
IMG_2943
↑2〜3分程登るとアンドレ・マルロー庭園が左手に見えてきます。そこの脇道をまた登っていきます^ ^
 
IMG_2944
アンドレ・マルロー庭園の脇道!
 
IMG_2945
↑脇道を抜けると右に曲がり、少し進むと左手にケーブルカーF1の終着駅の名前になっている「ガロ・ローマ劇場」入口が見えます!
私も入ってみました!!
中には普通に入れます。
 
紀元前43年リヨンはローマ帝国支配下にあったらしく、円形の観覧席が綺麗な状態で大小2つ残っています。
ピクニックをしている人達が居たり、数組のカップルが観覧席で座っていたり、また夏などはコンサートもここで開催されるらしいです!←オシャレ😆
IMG_2948
↑大劇場を正面から!
 
IMG_2947
↑小劇場は入口入ってすぐ左にあります!
 
IMG_2950
↑大劇場の1番上からリヨン市街を撮影!
実際に見ると良い眺めでした!
もうすぐ雲が掴めそうです^ ^

IMG_2949
↑大劇場の横にある「ガロ・ロマン文明博物館」!私は入館する元気が無かったのでしませんでしたが、当時の様子や道具などが見られるらしいです!また、案内板を見ると月曜定休で大人7€(最初の日曜日は無料)、日本語の音声ガイド有とのこと^ ^
 
30分程見学して再出発‼️
 
ガロ・ローマ劇場を左へ出てまた登って行きます↓
IMG_2957
 
↑の坂を登って最初のT字路を右に曲がると↓の様に正面にフルヴィエール聖堂が見えてきます!!あと、少しです^ ^
IMG_2958
↑下ってくる観光客とすれ違う際、通りがとても狭いのにすぐ横を車が頻繁に通っていきますので気をつけて下さい。
 
↑上記12枚の写真、2020年7月16日撮影。
 
IMG_2884
ノートルダム・ド・フルヴィエール・バジリカ聖堂の正面をパシャリ、2020年7月9日撮影。
ここは1872年に建設が始まり、1884年に完成したが最終的な内装の完成は1964年だったらしいです(←wikpedia情報笑、すみません坂道を登って体力の消耗が激しかった+写真を撮るのに夢中でパンフレットを取るのを忘れてました)。
因みにバジリカとは建築様式の1つみたいです。
 
IMG_2959
内部はもう「豪華」の一言。こりゃ人々の目を惹きますよね。奥に見える金の像は案内に拠れば聖母像みたいです。

IMG_2960
↑天井はこんな感じです。オーストリアザルツブルグの教会で見た天井の装飾も凄かったですがここも負けてないです。
 
そして出口の手前に地下への階段があり下っていきました。
 
IMG_2962
↑地下は上に比べるとこじんまりとしましたが、左右の壁をズラーっとモザイク画と彫刻が並んでいて目を見張りました。

IMG_2963
↑正面にはピエタ像(十字架から降ろされたキリストを抱く聖母の像)がありました。
 
厳かな教会の雰囲気の中、椅子に座って休憩したので体力回復‼️
休憩含め45分程見学して出発‼️
 
IMG_2965
↑大聖堂入口を正面に見て左側にあるJohn Paul II像。
 
↑上記5枚、2020年7月16日撮影。
 
そしてお待ちかね、
大聖堂横からリヨン市街を一望(^^)
これは写真ではなく実際にここで見るのをお勧めします‼️
写真だと目の前に拡がるパノラマにカメラが負けます。
この写真の100倍は「良い景色だなぁ」と思う筈です!!
IMG_2885
IMG_2888
 
↑上記2枚、2020年7月9日撮影。
 
帰りは来た道を途中まで降り、ガロ・ローマ劇場を登った道が二股になっているのですが、そこを右に降りて↓の道をずっと下ります。
IMG_2966
 
↑を下っていくと↓の様な路地?が見えますのでそこも下って行きます、2020年7月16日撮影。
IMG_2967
 
IMG_2968
↑をずーっと降ってドン突きを右に曲がるとフルヴィエールの丘の麓にある↓のサンジャン教会近くの道に出ます、2020年7月16日撮影。
 
IMG_2893
↑サンジャン教会についてはまた他の投稿で紹介出来たらと思います、2020年7月9日撮影^_^
 
以上、ノートルダム・ド・フルヴィエール・バジリカ聖堂までの行程でした!
ストラスブール大聖堂もそうですが教会に行ってもキリスト教や建築様式の知識があまり無いのでそれこそ感想が「すげー」で終わってしまいます。(><)
キリスト教とこちらの生活の密接さはもちろん世界史を見れば戦争も含めて分かってはいましたが、肌で感じるのとはやはり違いました。
 
大学時代ゼミの先生が言っていた「真のグローバル人材」になるには語学力だけでなく宗教の知識が不可欠という言葉の重みを今感じてます。
宗教を「信仰」ではなく、単なる「知識」として捉える事に批判もあるかもしれませんが、今の私には後者の好奇心が強くあります。
その知識があれば恐らく今まで見学した教会の歴史や装飾の事もその内容も理解できて、自分の中に自分の「モノ」として消化されていくのだろうと思うからです。
 
落ち着いたら宗教の勉強もしよう‼️