凱旋門(arc de triomphe)に行ってきた^ ^

皆さん、こんにちは!

本日はパリを訪れたら必ず行こうと決めていた凱旋門(arc de triomphe)へ行った時の事を投稿します!!^ ^
 
凱旋門について
 
凱旋門は1805年アウステルリッツの戦いに勝利したナポレオンがその勝利を記念して建造させたものです。
高さ50m、幅45m。
凱旋門の壁画を飾る彫刻は、ナポレオンの戦いや義勇軍の出陣の様子を描いた物らしいです。
 
ただ、世界史をやられた方ならご存知だと思いますが、フランス革命〜19世紀までのフランス政治は変遷が激しく、その時の権力者によって凱旋門やその彫刻の中身が変わっていくのです。
ただ、1885年ヴィクトル・ユーゴー国葬時、第一次世界大戦の勝利パレードなどフランス国家の歴史的な出来事を執り行う場として現在は美しく聳え立ってます。
 
IMG_3431
↑天気が良く、また信号が赤の時を狙って撮りました!!^ ^
 
実はこの日(8月27日)に行くつもりは全く無かったのです。
Nanterre Université駅近くにあるコピー屋さんでビザ申請に必要な書類をコピーしようと伺ったら「あと5分でお昼の時間だから14時30分にまた来てくれ」と言われたのです。
 
寮に帰ったら出るのが億劫になるだろうし、だからといって周りは何があるわけでもないので、だったらRER線のA線で一本で行ける凱旋門へ行っちゃおう‼️と思い立ったのです😆
 
Nanterre Université駅からA線に乗って5個目のCharle de Gaulle Étoile Champs-Élysées駅下車して、構内の案内板通りに進むと↑写真の所に出ます!!
 
凱旋門への入口。
IMG_3433
 
↓階段を降りるとこんな地下道です!
中で歌を歌っている男性、ヴァイオリンを弾いていたアジア系の女性がいました。
IMG_3432
 
↓普段ならこの写真に写っている青いBoxを左に曲がって階段を上がった所で入場券を購入すると思うのですが、今はコロナの関係で写真の青いBoxに貼られているQRコードから券を購入するシステムになってました。
その時に時間も指定します。私は14:10を指定しました。
 
料金は25歳以下、身体障害者は無料。
26歳以上は13€です。
IMG_3434
 
階段を上まで上がっていくと凱旋門の脇に出て、そこで14:10まで待ちました。
時間が来ると係の人が「入って良いよ」と入れてくれるのですが、入ってすぐに荷物検査とQRコードのバーコードを読み取ってOKが出ると階段を上がって行きます!
 
凱旋門に入る前に上を撮りました。
外も中々な彫刻ですが、私はこの中の細かい彫刻が凱旋門で1番好きな場所なんです^ ^
IMG_3436
 
↓1番下から上を撮影。
目がまわりそう😆笑
IMG_3437
 
凱旋門は頂上の展望台だけでなく、エリアが3つになっています。
最初のエリアまでは195段みたいです^ ^
*すみません、最初のエリアはトイレとベンチくらいしか無く、展示もそこまで無かったので写真を撮ってませんでした😭
 
↓2つ目のエリアはお土産屋さんやトイレとベンチが幾くかありました!
最初のエリアから2つ目のエリアまではたった9段!!
因みにここは、展望台から帰って来る人達も通ります(上りと下りは別々の階段ですので鉢合うことはありません!)。
IMG_3439
 
↓ここからまた上へ!!
IMG_3440
 
ついに、来たぁ〜‼️といった感じです!^ ^
最後は46段。
合計​​250​段の階段でした!!
 
↓先ずは定番のChamps-Élysées(シャンゼリゼ)通り!この延長線上にはコンコルド広場、ルーヴル美術館があります^ ^
IMG_3443
 
本当に天気が良いと美しい^ ^
IMG_3446
 
色々と噂されているブローニュの森です😆笑
IMG_3448
 
↓私が住むナンテール方面!
パリの副都心La défense(ラ・デフォンス)!
IMG_3450
 
展望台は意外と段差があったり石畳なので歩きづらいなぁと思いましたが、人もそこまで居なかったのでゆっくり見ることが出来ました^ ^
 
見終わったら、また階段を下るだけです!
 
凱旋門中央には第一次世界大戦で犠牲となった無名の戦士の墓があります。
IMG_3458
 
 
↑13枚、2020年8月27日撮影。
 
以上、凱旋門についてでした!
もう有名どころ過ぎて私が説明するのが恥ずかしい位のフランスを代表する観光地です。
 
凱旋門の展望台から見るパリの街並みは、ドールハウスのミニチュアが均一かつ整然と立っている様で可愛らしく思いました^ ^
 
 
行きたかった観光地に来れたので夢が叶いましたが、日頃の運動不足で脚が震えてました笑