第2回目のロックダウン

皆さん、こんにちは、こんばんは!

 

昨日のブログ↓でお伝えした通り、

 

masafra.hatenablog.com

 

10月28日(水)20時にエマニュエル・マクロン大統領がテレビを通してReconfinement(再外出禁止令)について声明を出されました。

 

f:id:MasaFra:20201029090720j:image

 

↑その時の写真です。

私はいつものごとくパソコンでライブ中継を見ておりました。

今回は22,3分で終わりました。

 

↓はLE Mondeの記事で、今回書く内容はこちらを参考にしております。

※訂正がありましたらすぐにします!!

 

www.lemonde.fr

 

要約すると、

 

①期間は10月30日(金)から最低12月1日(火)まで

 

②3月のconfinementほど制限的ではない

  • 学校は開いたまま(大学は新しい通知までオンライン)、ただし健康要綱(protocole)は強化
  • 仕事は続けることが出来る。ただしテレワーク推奨。公共サービス、工場、農場は通常通り。
  • 老人ホームの訪問は可能

③冬が近づいてきて、コロナウイルスの強さが増している。その速さは凄まじい。

→15日後に感染状況を確かめ、改善されているようなら今回の措置を緩和していく。

 

④外出にはattestation(証明書)が必要

  • 通勤
  • 通院
  • 買い物
  • 住居付近での新鮮な空気を入れる(=運動)

※現在のバカンスでの移動を除き、他地方への移動は禁止

※違反者には罰金

 

⑤レストラン・バーの閉鎖

→生活に最低限必要なでないお店はすべて閉鎖

 

⑥中小企業、自営業者への特別計画→現金対策

 

⑦コロナテストの実施

  • 空港、港湾などで配備
  • 欧州内部の国境は開かれたままで、外部からの入国は制限される

 

⑧蘇生ベットの増加

 

⑨クリスマスと新年の祝いへの希望

 

以上がおおまかなまとめです!

具体的な施策については追々出されていくと思いますが、個人的には学校がオンライン授業になるのだけは避けてほしいです。(´;ω;`)

 

最後に、毎回思うことなのですがマクロン大統領やメルケル首相などヨーロッパのリーダーが声明で述べられる言葉がとても素敵に思うのです。

今回は、マクロン大統領がReconfinementという厳しい状況下で暮らさなければならないフランス国民へ言った言葉。

<notre résilience et notre unité. (…) Je sais la lassitude et cette impression d’un jour sans fin qui tous nous gagne. Nous devons quoi qu’il arrive rester unis et solidaires et ne pas céder au poison de la division », et « cultiv[er] l’espoir de célébrer en famille ce moment si précieux de Noël et des fêtes de fin d’année >

(我々の回復力と団結力。私は(外出制限の)つらさと我々全員を襲う終わりない日の思いを知っています。我々は何が起きようとも団結・連帯し分裂の毒に屈してはならない。またクリスマスと年末のとても貴重なお祝いの瞬間を家族で祝う希望を大事にしなければならない)-訳:風来坊

 

日本の首相や政治家は淡々と規則やお願いを述べる、所謂教科書的な声明が多い気がしますが、マクロン大統領の様な(歴代のフランス大統領は皆そうだったのかな?)表現が素敵だなぁと思ってます。

目に見えないウイルスの恐怖と自分が下す決定で国民が苦しい思いをしてしまう事を理解している。だけれども我々はそれに負けてはいけない。我々は希望を持って生活していかなければいけない。

と形だけでも自分が国民の側にいる事を語り、その中でも希望を持って生きよう!と言うのです。

色々と批判の多いマクロン大統領ですが、この様な所は一貫してかっこいいと思ってます。

まぁ、他に原稿書いてる人がいるとか言われちゃうと分かりませんが😆

 

脱線しました*1

 

 

 

 

 

*1:+_+