ストラスブールの雪☃️❄️とカステックス首相の声明

皆さん、こんにちは!

 

5日ぶりの投稿です。その間の、、

1月12日、作家の半藤一利氏が亡くなりました。享年90歳。

有名な方でしたが私が彼の著作を読んだのは大学生の時が初めて。

学生時分半藤氏が河井継之助について語った本か記事を読んだのがきっかけです。

私は幕末越後・長岡藩(現在の新潟県長岡市)の武士河井継之助を(中学生の頃から)歴史上の人物の中で一番尊敬しているのですが、半藤氏は河井にとても否定的でした。

 

この思想はどこから来るのだろうと思い半藤氏の著作を何冊か読みました。

『幕末史』

『昭和史』

半藤一利宮崎駿の腰抜け愛国談義』

有名な「日本のいちばん長い日」は映画をみました。

 

読んでいてここは合わないなぁという点も多かったですが、携帯のメモには、

半藤氏の「昭和初期から10年代に戦争の悲惨さを知っている指導者が政治家にも軍人にも官僚にもいなくなり、日露戦争栄光を背負って国を導いた。今の日本の指導者も太平洋戦争の悲惨さを知らず戦後の経済復興という栄光を背負って国を導いている。そうした時が一番国にとって怖い。でも絶望してはいけない。戦後70年も平和国家であったのは日本人の努力。それに対する国際社会の信頼というのは日本の最大の国益ですよ。これを守っていってほしいね」という言葉が残っています。

 

なんとなく普段おとなしい日本人が過度な自信をつけ精神的な高揚と熱狂をしたときは注意という考えが私にはあります。

今回のコロナでも5月以降、それを思うときは無きにしも非ず。

 

じつは半藤氏は昨年亡くなった祖母と同い年(学年は祖母が1つ上)。

戦争がどんどん遠くなる。心からご冥福をお祈りします。

 

さて1月14日(木)ストラスブールでは終日雪が降っていました泣

昨冬はパリなどフランス北部で雪が降ったというのは記憶にあるのですが、ストラスブールは降りませんでした。

 

なので私にとってこの雪がフランスで初めて触れた雪☃️となりました。

気温は0〜2°位でした。

 

家の前の通り↓です!

f:id:MasaFra:20210115023248j:image

 

そして本日も45分程でしたが家の近所を散歩しました!!

この写真には写っていませんが、家の前や家の庭で子供たちが楽しそうに雪遊びをしている姿は日本もこちらも同じですね😊

子供は雪の子でもあります😆

 

f:id:MasaFra:20210115023256j:image

 

さて、本日18時にカステックス首相が1月16日以降のコロナ対策について声明を出されました。

それがこちらの記事↓です。

 

www.lemonde.fr

 

要点を軽くまとめると、

・1月16日(土)から少なくとも2週間フランス全土で18時以降も外出を制限する

→現在は一部地域で行われているがそれをフランス全土に拡大

 

・早ければ来週月曜日から予防接種キャンペーンを拡大する

 

・入国管理を強化

→非EU諸国からの入国者には72時間以内に発行されたコロナ検査での陰性証明の提出と1週間の隔離を義務付け、隔離が終わったら2回目のコロナ検査をする

特にイギリスで見つかった新種のコロナがフランスでも広がっている事を考慮しての措置である

 

・学校の閉鎖をすることは避けたいが、もし状況が悪化した場合は閉鎖する

 

・今後状況がさらに悪化した場合reconfinement(再ロックダウン)措置が導入される可能性がある。

 

以上が私が記事を読んだ範囲で分かったところです。

 

首相が現状を、

 

la situation épidémique était « maîtrisée » mais « fragile » en France.

(今のフランスの状況は<コントロール>できているが<脆弱>である)-訳風来坊

 

と仰いましたが、これから2週間がどうなるか。

懸念されていた大型連休での感染拡大は思った以上になかったという事は不幸中の幸いでした。

加えて2週間後はおそらく今より予防接種もいきわたるだろうと思いますので、少しは収まって欲しいですね。

 

一方日本では非常事態宣言が一都三県(東京、神奈川、埼玉、千葉)から新たに七府県(大阪、兵庫、京都、愛知、岐阜、福岡、栃木)も加わり、外国からのビジネス目的の渡航を全面的に停止するようもとめている声が上がっているとか。

 

色々なコメントをSNSを通じてみていますが、菅総理への当たりがとても厳しいですね。

朝令暮改で何とも場当たり的に見えてしまっていますが、

菅総理総務大臣官房長官時代に培った「突破力」をいまこそ!と思っています。