熊谷・妻沼聖天山の「おいなりさん」!!

皆さん、こんにちは!!

 

昨日は熊谷市妻沼にある「妻沼聖天山(めぬましょうでんざん)」へ行ってきました!!

ここを訪れた理由は、ドライブを兼ねてこのおいなりさん↓を購入するためです!

 

f:id:MasaFra:20210801160722j:image

 

妻沼聖天山とは??

妻沼聖天山は1179年に平家物語源平盛衰記などで武勇に優れ、義理人情に厚かった斎藤別当実盛公がこの地の庄司として、ご本尊聖天様をお祀りし、民衆の祈願所として開創したのが始まりです。800年以上の歴史がある由緒ある場所ですね!

江戸時代初期に災火のため「中門」を残して消失してしまい、現在の姿は江戸時代中期に再建されたものです。

因みに妻沼聖天さまは日本三大聖天さま(他は静岡県足柄山聖天堂、東京都の待乳山聖天)のひとつとして知られており、特に縁結び、家内安全、商売繁盛などの良縁を結んでくれるとのことです(*^-^*)

 

住所:365-0201 埼玉県熊谷市妻沼1511

※最寄りの熊谷駅北口からバスが出ているみたいですが遠いですし、お越しの際は駐車場が目の前にありますので車で来られたほうがいいかと思います!!(^^)!

 

聖天山のHP↓です!!詳しくはこちらをご覧ください。

妻沼聖天山 | 国宝、妻沼聖天山へようこそ (ksky.ne.jp)

 

さて、中に入ってみます(#^.^#)

ここ↓は「中門」です!

江戸時代初期の災火の際、唯一焼けずに残った聖天山最古の建造物です。地元では「甚五郎門」と言われているみたいです。

写真は撮りませんでしたが、ここを入って右側に斎藤別当実盛公像がありました!

f:id:MasaFra:20210801160700j:image

 

ここ↓は「仁王門」です!

1658年創立ですが、明治24年の台風で倒壊してしまいました。現在は明治27年に再建されたものです。

門の左右には仁王(金剛力士像)がいて、向かって右側が口を開けた「ア」形、左側が口を結んだ「ウン」形です。
f:id:MasaFra:20210801160715j:image

 

ここ↓が「御本殿」!!

この御本殿は江戸時代中期に再建されたものですが、その姿は日光東照宮の様です!(←言いすぎかな?笑)。とても落ち着いた品のあるところです。
f:id:MasaFra:20210801160727j:image

 

入り口「貴惣門」の横にあった案内板↓です!
f:id:MasaFra:20210801160711j:image

 

さて、聖天さまにお参りをした後はお目当ての「いなりずし」!!!

場所はこちら↓です!!!

 

聖天寿し

住所:埼玉県熊谷市妻沼1515

定休日:月曜日

営業時間:火~日 9時~14時

 

妻沼聖天さまに一番近く、貴惣門をでてすぐにあります!

私の父が大好物なのです(*^-^*)
f:id:MasaFra:20210801160718j:image

中身はこちら↓で、商品もこちら1つのみ!!

値段は460円です!中々なボリュームです。。。
f:id:MasaFra:20210801160722j:image

 

因みに聖天さまの周りにはこの様なおいなりさんを販売しているお店が3つあり、他は「小林寿司」と「森川寿司」です!!

私は全て食べたことがあり、それぞれおいなりさんの良さが違いますので、是非食べ比べしてみてください!!

 

「小林寿司」

住所:360-0201 埼玉県熊谷市妻沼1243

 

「森川寿司」

住所:360-0201 埼玉県熊谷市妻沼1523