本棚9

皆さん、こんにちは!!!

 

衆議院選挙がいよいよ始まりました!!

10月19日(火)公示、10月31日(日)投開票。

皆さん是非選挙へ行きましょうね(*^-^*)

 

そんな時にもう12年も前の話ですが、こちら↓の本を読みました!!笑

 

森省歩 『鳩山由紀夫と鳩山家四代』中公新書ラクレ2009

f:id:MasaFra:20211019020446j:image

 

内容は何かと批判的に語られる民主党政権時代(2009年~2012年)最初のリーダーだった鳩山由紀夫元首相と彼の家族についての本です。この本が出版されたのは2009年9月なのでちょうど政権交代があった時です。

 

パリのオペラ地区にあるBOOKOFFでうろうろしていたところ、この本に出会い購入。鳩山和夫一郎威一郎由紀夫と続く日本政界きっての名門「鳩山家」の初代と二代目について知りたいと思い購入しました。

各人物それぞれの経歴や人柄はもちろんの事、北海道夕張郡栗山町鳩山にあった「鳩山農場」について、また鳩山由紀夫氏が落下傘として旧北海道4区中選挙区制時代の区割り)から落下傘候補として衆院選に出馬し当選した経緯とその後の話が詳しく書いてあります。

 

私は鳩山由紀夫という政治家を今現在も正直全くもって評価していません。この本を読んで私の人物評も中々なもんだと自画自賛してしまうほど、その評価は確信的なものになりました笑

 

私も衆議院議員秘書(1年間大臣秘書)を4年やっていたのでわかりますが、政治活動・選挙活動には必ず義理人情が必要不可欠です。それが日本的で良い悪いの議論は置いておくとして、つまり濃い人間関係・人間付き合いが必要です。何かしたら(してもらったら)その後のフォローがとても大切なのです。

この本を読む限り、鳩山由紀夫氏にはその人間的な温かさやメリハリ、ケジメを全く感じられない。詳しくは本著作を読んでいただきたいのですが、自身の政治的変節による後援者との関係とそのフォローについてです。もっと大きな話で言えば例えば、自身が北海道から落下傘候補として出馬した際、当時自民党幹事長だった竹下登氏(後の首相)がとても広い由紀夫氏の選挙区を一生懸命走り回ってくれたにも関わらず、彼が自民党を離党し新党さきがけ旧民主党と政治家人生を歩んでいる中で行われた2000年の衆議院選挙で民主党代表として選挙戦の第一声を竹下氏の地元島根で上げました。当時竹下氏は病気で入院されていてこの選挙戦の最中に亡くなりました。

政治家である前に人間としてこのようなことは普通の感覚なら出来ませんよね。。。

もちろん情で結びつく人間関係はメリットもあればデメリットもあります。でも、それを省みる思考がこの方には欠如していると個人的な感想として思いました。この様な人は信用なりません。

 

一方、彼の祖父である鳩山一郎氏に関しては、その秀才ぶりもさることながら、旧ソ連との国交回復、日本の国際連合加入に成功したという評価がされているかと思います(でも私は多くの事を長期的な戦略でやったのか分かりませんのであまり一郎氏を評価していません)。

 

長くなりましたが、政治家の評価は各々の価値基準で大きく変わりますので十人十色かと思いますが、是非政治家を評価する一つの基準を提供してくれる本やルポを読まれることをおススメします!!

 

 

 

第49回衆議院議員選挙が始まりました!!!

皆さん、こんにちは!!!

 

とうとう本日から10月19日(火)公示10月31日(日)投開票という事で

第49回衆議院議員選挙が始まりました!!

令和になってから初の総選挙。選挙区289比例代表176(11ブロック)の計465議席をこれからの12日間で争います。

f:id:MasaFra:20211019040032j:image

立候補者一覧や、各政党の政策、過去の選挙結果について調べることが出来るサイト↓です!ご参照ください!(^^)!

衆議院選挙2021 最新ニュース 選挙制度 過去の結果 -衆院選- NHK

 

皆さんは日本の選挙システムや各党の今回の政策だけでなく、住民票があるご自身の選挙区は何区で誰がどこの政党から今回の総選挙に立候補されているか知っていますか???意外と言えない方も多いのではないでしょうか?そもそも、

「自分の一票なんかで世の中変わらない」

「政治は誰がやっても同じ」

「政治とか政治家って何か胡散臭いし、そもそも政治に関心がない」など政治に対しての思いは人それぞれだと思います。そもそも皆さん勉強や恋愛、子育て、お仕事等で「それどころじゃいよ!」というのが本音なのかもしれません。

 

私が言いたいのは「選挙だからとりあえず何でもいいから投票に行け!!!」という暴論を吐きたいわけでなく、政治に対して関心をもってもらいたいという事です。何か一つでも自分の関心のある分野、例えば安全保障、憲法社会保障制度、経済・財政、ジェンダー、教育、今ならコロナ対策等たくさんある分野で自分と合う(または近い)政党や候補者を探してみるとか。

上記以外の分野も含めて様々な分野が複雑に絡み合って構成されているのが社会ですが、それらを国民が選んだ人たちが専門的に議論して法律を作り(立法)、実際にそれに則って行使する(行政)、この一連の流れの中で行われる物全てが教科書的な定義の政治(Politique)です。

 

かつて田中角栄元首相は「政治とは生活だ」、

大平正芳元首相は「政治とは明日枯れる花にも水をやることだ」と言った。

私はこのお二人の政治の定義がとても好きなのですが、つまり政治とは我々に身近なモノなのです。それに無関心で自分でモノを考えずに過ごす癖がつくと、日本的な「空気」によって知らないうちに自分の人生が支配されてしまいます。その最たる例が政治だと私は思っています。フランスにいるので余計そのように考えるようになりました。

 

長くなってしまいましたが、政治に全く関心がない方でも主体的にこれからの人生を生きる一つの契機・チャンスとして今回の衆議院選挙を捉えてみてください!(^^)!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

斎藤佑樹選手の引退(T . T)

皆さん、こんにちは!!!

 

10月17日(日)札幌ドームでの対オリックス戦で日本ハム斎藤佑樹投手が現役最後のマウンドに立ちました。打者一人に対して最速129キロで結果は四球。

交代後にベンチで見せた涙。最後まで感動を届けてくれる野球選手でした。

f:id:MasaFra:20211018004209j:image

 

※簡単に斎藤佑樹選手について。

1988年6月6日群馬県太田市生まれ。

176cm77kg。

早稲田実業高等部3年生の時夏の甲子園で全国制覇し、その後は早稲田大学へ進学。大学通算31勝15敗、防御率1.77、323奪三振ベストナイン2回。

その後2011年日本ハムファイターズへドラフト1位(4球団1位指名)で入団。プロ通算15勝26敗、防御率4.34、209奪三振

 

かく言う私も中学・高校と野球をしていて、佑ちゃんが伝説となった「2006年夏の甲子園決勝」、田中将大率いる駒大苫小牧高校との熱戦をリアルタイムで見ていました。今でも時々Youtubeで見ます笑

野球の面白さ・魅力を凝縮したような試合で、同じ高校球児として感動したのを今でも覚えています。学年は佑ちゃんが私より2つ上ですが、「ハンカチ王子」とメディアから騒がれ、大変だろうなぁとも思いました。

 

因みに、私は高校卒業後、池袋で浪人をしていたのですが、予備校の友人とよく神宮球場に行っては早慶戦を見ていました笑当時の早稲田大学には斎藤佑樹大石達也福井優也の3投手がいて、彼らが出てきた時はスタンドから見ていても絶対的な安心感がありました😊

 

話を戻して、彼の過去のビックマウス的発言とプロ入り後の結果を比較されて、アンチの方々からここ数年ひどくバッシング(辛辣を超えて恐ろしいくらいのものもありました)されたかと思います。ご自身の怪我もあり思うような結果がプロで残せなかったとも思います。そして今回の引退。。。😭

 

でも、やはり彼が日本の野球界に一つの華やかさとを見せてくれた事には変わりありません(*^-^*)

これからどのようにまたどの分野で活躍されるかは分かりませんが、とりあえずお疲れさまでしたと言いたいです。

 

また違うところで私たちを楽しませてほしいです!!!

 

トゥールーズへ行ってきました!

皆さん、こんにちは!

9月30日(木)〜10月4日(月)の5日間でトゥールーズへ遊びに行ってきました!!私は初めてのトゥールーズでした😊

目的は初トゥールーズの漫喫とpetite copine(彼女) に会う為です^ ^

f:id:MasaFra:20211013201736j:image

 

9月29日(水) 21時55分 Paris Bercy Seine発

→21時までの授業終わりにすぐバス停まで向かいました。到着が12,3分ほど遅れた上に理由は分かりませんが中々出発できず、結局22時25分頃出発しました。席は殆ど埋まってたようです。

 

9月30日(木) 6時50分 Toulouse Pierre Sémard 着 

→何回かの休憩を挟み、約1時間遅れで到着!

その日は朝早いのに駅まで迎えにきてくれたpetite copine の部屋で夕方まで話をしたり映画をみたりしてゆっくり過ごし、夕飯はma copine オススメの日本食レストラン「JUGUEM じゅげむ」でお好み焼きと焼きそばを堪能しました!

f:id:MasaFra:20211013201922j:image

会計の時日本人で兵庫県ご出身の女将さんと軽くお話をさせて頂きましたが、「いおり」という居酒屋もトゥールーズでパートナーさんと経営されているとのこと。素敵な出会いに感謝です😊

 

夕食後、2人でガロンヌ川(La Garonne)沿い↓を散歩しました。私は子供のころから日暮れ時のこの空の色が好きなんです。

f:id:MasaFra:20211013040221j:image

どうしてこうも夜景が映える街がフランスには多いのか!!と思うほど温かみのある心落ち着かせてくれる夜景です。
f:id:MasaFra:20211013040231j:image

Pont Neuf↓から撮影!こちらも素敵です^ ^

f:id:MasaFra:20211013040236j:image

翌日は、2人でトゥールーズのcentre villeを散策!!

昼食はこちらのレストラン「Ma Biche sur Le Toit」(ギャラリーラファイエット トゥールーズの屋上にあります)で食べました!トゥールーズの町を一望できるレストランです!!

f:id:MasaFra:20211013040240j:image

私が食べたものはこちら↓!!!

豆腐を揚げたものと何種類かの豆を使った料理でした。これだけで満腹でした!

f:id:MasaFra:20211013204045j:image

昼食後は少し散歩しながら夕方頃帰宅しゆっくりしました(^^)

 

次の日はPetite copineの自宅付近にある丘へ!!

地平線を望める景色は本当に心洗われます。学生時代に友人と旅行で行った北海道の様な雄大さですね。北海道の方がもっと平坦ですが。
f:id:MasaFra:20211013040228j:image

 

日曜日は雨模様だったこともあり、二人でゆっくり家で過ごしました(*^-^*)

 

月曜日はPetite  copineは大学の授業があるので夕方お迎えに行きました!(私の帰りのバスが21時出発だったのでその前に(*^-^*))

しっかし、授業終わりに最寄りの駅へ向かう学生の多さに驚愕です!!!

私の大学も大学の目の前に駅がありますがここまで学生の列はできてません笑
f:id:MasaFra:20211013040216j:image

バスが出るまで時間があったので夕飯を一緒に食べました!

こちらは魚料理!!こちらもほんとに美味。

f:id:MasaFra:20211013205636j:image

そして、

21時に行きと同じToulouse Pierre Sémardのバス停出発でパリへ帰りました!

 

以上、簡単でしたが初トゥールーズ堪能日記でした!!今回は観光地見学などはしておりませんが、また今月末のバカンスでトゥールーズへ行きますので、そこで少し投稿するものがあればと思っています😊

素敵な出会い、神様に感謝です。

f:id:MasaFra:20211013040504j:image

ラッピングされた凱旋門😊

皆さん、こんにちは!

またまた久しぶりの投稿です。

先月から始まった大学関係でかなりバタバタしておりまして、やっと落ち着きましたので一か月ぶりに投稿します。

 

本日は9月18日から10月3日まで行われていた「凱旋門のラッピング」について軽く投稿したいと思います!

一年前に凱旋門を見学したのですが、その時の投稿はこちら↓です!

masafra.hatenablog.com

 

こちらの写真↓は完成より3日早い9月15日に撮ったものです!

夕方の授業が終わり、クラスメイトと帰っている時に一人の友人が「帰り道に凱旋門のラッピングを見ていかない?」と誘ってくれまして、この様な企画がされている事すら知らなかった私は面白半分で一緒についていきました!

私たちのように写真を撮っている人が広場には大勢いました(^^)

f:id:MasaFra:20211013030822j:image

こちら↓は完成後の9月28日凱旋門の横から撮影したものです!

こちらは大学帰りに一人で見に行ったものです。この日も大勢の人が思い思いに写真を撮っていました。
f:id:MasaFra:20211013030831j:image

※今現在はラッピングの撤去作業をしているとのこと(見に行っておらず写真はありません)。

こちらの企画は昨年亡くなった世界的に有名なブルガリア出身のクリスト・ヴラディミロフ・ヤバシェフ氏(1935-2020)の考案で、彼が亡くなったのち親族がフランス当局へ申請し許可されたものです。ちなみに設営費は日本円で約18億円!?で、全額クリスト氏の財団が負担したとのこと。

 

芸術に疎い私の浅学がとても恥ずかしいのですが、私は彼と奥様のことは全く知りませんでした。泣

奥様のジャンヌ・クロードさん(故人)と各国の建造物(パリの有名な橋ポンヌフ、ドイツの国会議事堂など)や景観を梱包してきたとのこと。日本でも1991年(私の生まれた年だ!)に茨城県北部で1300本の傘を立てる芸術プロジェクトを行っていたとか!!

 

でも正直に申し上げれば、私はラッピングされた凱旋門を見て、考案者の遺志をしっかり受け継いで完成させたこの物語は素敵だと思います。加えていつもと違う凱旋門もいいなぁと思いました。でもこれに18億円???とどうしても金額を知ると、んーーーとなってしまいます笑芸術を浅くしか知らない私には少しアダルト過ぎましたかね笑

一緒に見たフランス人の友人は「いいね!!」と喜んでいました。

皆さんはこの企画をどのように感じられましたか???

 

でも本当にたまたまでしたが見れてよかったです(*^-^*)

 

 

 

 

パリ第10大学のréunionに行ってきた!

皆さん、こんにちは!!

 

先日9月9日(木)11時30分からありました学部のla réunion(オリエンテーション的な集まり)に行ってきました!!

場所はUniversité Paris Nanterre (パリ第10大学)です。※こちらの大学についてはいつか詳しく説明出来ればと思います!

 

パリ第10大学はRERのA線「Nanterre Université」駅↓目の前の好立地。

f:id:MasaFra:20210910170842j:image

この日は生憎の雨☔️☂️

でも他の学部のla réunionもやっていたり、pré-rentréeが行われていたりと人はたくさんいました。学生ボランティアの皆さんがウロウロしている学生に声を掛けて色々と教えていました😊

f:id:MasaFra:20210910053719j:image

私はL3(大学最終学年,日本でいう大学4回生)なのでpré-rentréeには行きませんでしたが、大学の雰囲気を味わおうと少し早めに行ってキャンパス内をウロウロしました😊

 

こちらが私の学部のbâtiment(学部棟)内部の写真↓で、ここで行われました。

f:id:MasaFra:20210910053722j:image

内容は日本の大学のオリエンテーションと同じで、教授陣の自己紹介、授業内容、stage(インターンシップ)について、マスター(修士課程)についての説明でした。面白かったのは、バンバン教授に質問をする生徒が数人いる反面、私のすぐ前に座っていた学生はポケモンGOをやってました笑

 

réunion最中は写真を撮ることは出来ませんでしたが、大教室に大体70〜80人位学生がいたと思います。

途中ある教授が「この中で今年からうちの大学に来た人は手を挙げて」と言い、私も手を上げたら意外と多くの学生が手をあげていました。恐らく15人はいたのではないかと思います。

とはいえ、他大学からの編入、若い子だらけ、おまけにアジア系は私のみ‼️と幾重にもマイノリティーな感じでしたが新鮮でもありました笑

 

最後に学部棟のいくつかの掲示板に貼られていたポスター↓です。学部棟というか大学のいくつかの掲示板に貼られていました🤣

f:id:MasaFra:20210910053725j:image

ここの大学はエマニュエル・マクロン現フランス大統領の母校の1つなのですが、反マクロン的な活動をする生徒が多いのかもしれません。さすが、5月革命の時に学生運動の狼煙をあげた大学なだけはあります。私とは考え方が違いますが、学生が社会変革や革命を目指して活動することは健全な事です。ただ、このご時世なのでコロナには気をつけてねと思うだけです笑

 

以上、パリ第10大学のLa réunionについてでした!!本当に簡単な事のみの投稿となりましたが、少しずつ学生生活についても投稿出来ればと思います!

 

本棚8

皆さん、こんにちは!

 

本日は私がこのバカンス中に読んだ本を紹介しようと思います!

今日紹介するのはこちらの2冊。

佐川一政『霧の中』彩流社 1983

佐川一政『生きていてすみません』北宋社 1990

f:id:MasaFra:20210818100454p:image

f:id:MasaFra:20210818100501p:image

 

正直こちらの本をブログに書いてもいいのか少し悩みました。

というのも著者の佐川一政氏が約40年前に起こした事件についてネットでは「日本人の恥」や「こんなやつ死刑でよかった」などの誹謗中傷がたくさん書かれていたためです。ですが、私は事件を起こしてしまったからといってその人の全てを否定し、臭いものには蓋をするという姿勢があまり好きではないので今回取り上げようと思いました。

 

佐川一政氏とは?

彼について簡単にまとめると、佐川氏は1949年兵庫県のご出身。和光大学関西学院大学大学院卒業。

ソルボンヌ大学大学院留学中の1981年6月に友人であったオランダ人女性をカニバリズムの目的で殺害し、屍姦後、死体を解体してその肉を食べた(パリ人肉事件)。

事件後フランスで逮捕、日本へ移送された。その後は作家を中心にメディアにも多く出演していた。

 

私が彼の事を知ったのがどういう経緯だったかは鮮明には覚えていません。恐らくフランス留学について色々と調べていた時にヒットしたのではないかと思います。

すぐにYoutubeで彼について調べ、パリ人肉事件について述べている彼の動画を発見しました。私にはカニバリズムだけでなく、佐川氏のこれまでの境遇の全てが衝撃的だった。

彼がその動画で話していますが、裕福な家庭で育ち何不自由のない生活を送っていた幼少期。ただ彼は未熟児で生まれ病弱なので身体的なコンプレックスが強かったと。そしてそれが原因かは分かりませんが、西洋人の女性に子供のころから興味があったとのこと。

それらを知ってから彼の本を読むと佐川一政の人となり、彼という人間が見えてきます。

 

①『霧の中』

身体的コンプレックスについてはそこまでですが、言語コンプレックスというのか自分が周りと溶け込めない言葉の壁のようなもの(殺害したオランダ人女性は半年でフランス語がある程度話せているのに私は10年も勉強していて彼女ほど話せない等の記述もありました)は随所に出てきます。周りの反応や顔色を窺い、また他人が自分に対して思っているだろう事を想像してばかりいるので私は読んでいて「この人は自分に自信がないのだなぁ。というより被害妄想的要素も強いなぁ」と思いました。

 

②『生きていてすみません』

こちらは彼の反論文というのか、彼を使って面白おかしく嘘を書き立てて彼の名誉にまで深入りするような人たちに対する抗議文的な内容の本です。

彼の主張したい事も分かりましたが、私は彼に近づいてそれを話のタネに金儲けした人たちが居たことを知ってそこは彼に同情してしまいました。

 

彼の行ってしまったことはもちろん許されることではありませんが、少なくとも佐川一政の「さ」と聞くだけで汚い言葉を吐き捨てる大人にはなりたくないと思い今回は投稿します!