シタデル公園(Parc de la Citadelle)に行ってきた^ ^

皆さん、こんにちは!!

Pâques(復活祭)で3連休中のフランスから~!(^^)!

 

昨日夕方、友人とストラスブールエスプラナード地区(ストラスブール大学のすぐ近く)にあるシタデル公園(Parce de la Citadelle)へ行ってきました‼️


Citadelleとはフランス語で「城塞」という意味の女性名詞で、その名の通り元々はライン川にかかるライン橋防衛の拠点だったみたいです!

ストラスブールはフランス🇫🇷とドイツ🇩🇪が取った取り返したを繰り返した都市です。

 

公園内部の写真↓ですが、現存のお堀が当時の面影を少しだけですが残しています^ ^

視覚的に、「歴史」の中に「現在」がある公園です。

f:id:MasaFra:20210406043611j:image

 

場所はこちら↓です!

 

行き方:トラムC・E線「Esplanade」下車徒歩5分

    バス30番「Wattwiller」下車徒歩1分

    ※駐車場有

 

開園時間:24時間開園

 

f:id:MasaFra:20210406043044p:image

 

元々はこのような五角形の星形↓だったみたいですが、現在はその一部が残っており、公園として市民の憩いの場となっています(*^-^*)

星形のお城というと日本では函館の「五稜郭」を思い浮かべますよね!

時代はこちらの方が古いですが^ ^

f:id:MasaFra:20210406044054j:image

 Parc de la Citadelle (Strasbourg) — Wikipédia (wikipedia.org)

出典はこちら↑のwikiです。

 

 入り口を入って最初に渡った橋↓です!

f:id:MasaFra:20210406042641j:image

 

公園内にはジョギングをしている人、サッカー、バトミントンやペタンクを楽しんでいる家族や若い子のグループ、芝生で読書や昼寝をしている人等が休日を大いに楽しんでいました!!

因みに遊具もたくさんあります!!

写真では中々伝わりにくいかと思いますが、この公園は意外と広く、園内にはアイスを販売しているトラックが停まっており中々繁盛してました!!

昨日夕方のストラスブールは26°ありましたので気持ちは分かります。


f:id:MasaFra:20210406042610j:image

 

お堀の上からの眺め↓です!!

真っすぐ見ている方向がドイツです。
隣町、ドイツのケールへ気軽に行ける日は一体いつ来るのだろうか。。はぁ~。

防衛の最前線だった城塞の跡地で何とも贅沢な愚痴でしょうか?笑

当時の人には信じられませんよね😆

f:id:MasaFra:20210406043029j:image

 

18時過ぎに撮った写真↓です!

半袖・半ズボンの若者が増え、上半身裸で歩いている人もいました笑
f:id:MasaFra:20210406042617j:image

 

出口近くで撮ったものです!

トーテムポールのような物↓を見つけましたが、これが何の目的でいつ設置された物なのかは不明です。


f:id:MasaFra:20210406042632j:image

 

上記6枚、2021年4月4日撮影。

 

以上、ストラスブールにあるシタデル公園についてでした!!

こちらには「憩いの場」としての公園が本当に多いので、学生時代から実家近くの荒川の土手を一人で散歩していた私にはもってこいの環境です^^

公園といってもただ遊具がポツンとあるだけのものではなく、木々や川などの自然・歴史的なものに加えて現代的なジョギングコースやテニスコートも併設されている。本当に素敵です😊

 

最後に

友人とも話したのですが、マスクをしていない人が本当に増えたなぁと思います。

コロナの心配ばかりしても仕方ありませんが、どうしたのかな?と思うこの頃です。

 

Petit cadeau !

ストラスブールのNeudorfにあるaérodrome(飛行場)↓です!!

f:id:MasaFra:20210406052757j:image

第3回目ロックダウン初日のストラスブールの様子

皆さん、こんにちは!

 

本日4月3日(土)よりフランス全土で第3回目のロックダウンが始まりました。

今回の投稿ではロックダウン初日のストラスブールの街の様子を軽く投稿します!!

 

※昨年2020年10月30日から始まった「第2回目ロックダウン」時の様子はこちら↓です!!

 こちらと比較すると、今回のロックダウンがとても緩いというのが一目瞭然です笑

masafra.hatenablog.com

 

 

「クレベール広場(Place Kléber)」

 

f:id:MasaFra:20210404023111j:image

 

マスクは着けていますが、マスクを顎の下へおろしたままずっと話している方も思った以上に多かったです(食事中の方は仕方ありませんが)。

加えて、マスクをしていない人も以前より増えたと思います。泣

これをみて皆さんはどの様に思いますか???


f:id:MasaFra:20210404023237j:image

写真↑に軽く写っていますが、この写真左端で「古本市」が何棟が立っていました。

またダンスパフォーマンスをしていた男女二人組もいました。

 

「グランド・アルカード通り(rue des Grandes Arcades)」


f:id:MasaFra:20210404023118j:image

クレベール広場すぐ横の通りです。

マクドナルドやAuchanなどのスーパーがあり、この通りを真っすぐ行くとストラスブール大聖堂やPetite France(プチット・フランス)などの観光地へ行けます。

以前のブログでは人を見つけるのが難しい感じでしたが、今回は19時まで外出ができる緩いロックダウンなのでこの人だかりです。

 

メザンジュ通り(rue de la Mésange

 

f:id:MasaFra:20210404041746j:image

こちらもクレベール広場近くの通りで、 ファッション系のお店が立ち並びます。

基本お店はやっていないのでこちらは人があまりいませんでした。

 

ストラスブール大聖堂Cathédrale Notre-Dame-de-Strasbourg

※この写真は昨日(4月2日)の写真です。

うっかり本日の写真を撮り忘れました泣

f:id:MasaFra:20210404041819j:image

本日はこの写真の倍は人が歩いていました。

写真の行列はジェラートの出店に列をなす人たちです!

昨日今日ととても暑かったですので気持ちは分かります。

 

「イル川(L’ill)」


f:id:MasaFra:20210404041828j:image

ストラスブールの中心街を流れるライン川の支流です!

本日はこの写真と同じくらいでした。

こんなんでいいのか??🤔笑

 

今回は全体的にだいぶ緩い感じです。

10キロ以上の移動制限以外にCouvre-Feu(夜間外出禁止)と正直あまり変化はないので仕方ないなぁとは思います。

でもマスクをしていない人はパッと見ても増えたと思います。

ロックダウンの一か月間でどこまで効果が出るか。ワクチン接種に期待。

 

最後に、Petit cadeau!

昨日天気がとても良かったのでEU議会場↓の周りを友人と散歩してきました!

イル川ではカヌーを楽しむ人や、グループでボートに乗って楽しんでいる若者もいました!!

雲一つないので本当に映えます!!

f:id:MasaFra:20210404041811j:image

 

でもここの見学を友人としたのがもう半年以上も前。。。

masafra.hatenablog.com

 

EU議会場から少し郊外へ行くとこんな落ち着いたところがあります!!

これもイル川です!(^^)!

犬の散歩やジョギングを楽しむ人がたくさんいました!!
f:id:MasaFra:20210404041834j:image

 

何の制限もなくストラスブールを楽しめる日が早く来る事を祈るばかりです^ ^

 

第3回目のロックダウン

皆さん、こんにちは!

 

昨晩3月31日(水)20時にエマニュエル・マクロン大統領が国民に向けて声明を出されました。

本日はその内容について領事館から来たメッセージを参考に簡単にまとめました。

 

f:id:MasaFra:20210401195628j:image

↑私はエリゼ宮ライブ配信を見ました。

 

現在19の県で実施されている規制措置が、4月3日(土)よりフランス本土の全県に拡大される。

 

1感染状況
●3月頭から、英国変異株の感染拡大が加速的に悪化している。
●英国変異株は感染力が高く致死率も高い。健康状態に問題のない60歳、50歳、更に若い世代も重症化するリスクが高い。
●こうした状況を受けフランス政府は3月18日、19県に対して規制強化を発表した。

それから2週間後の現在、最初の効果が見られるものの、その効果は十分ではない。
医療機関が新型コロナウィルス以外の治療をできる限り中止することなく、より多くの重篤者を受け入れられるよう、今後数日間で更に重点的に対策を取る。
●現在7千床以上ある重篤者向け病床を、医療分野の学生、定年退職者、ボランティア等の協力を得て1万床まで増やす。

 

2 新たな規制措置
●すでに19県で導入されている以下の強化規制措置を本土のすべ ての県において4週間導入する。海外領土・海外県はこの対象とし ない。
●4月3日(土)夜から開始する。
・19時~6時までの夜間外出禁止
・6時~19時の日中は、10km圏内の移動であれば証明書(attestation)なし(住所を証明する書類が必要)、時間無制限で可能。
・地域圏を超えた移動は、4月5日以降やむを得ない理由がない限り禁止。
●テレワークの推奨。
●今週末、「復活祭」のために地域間を移動することは可能。
●公道・公共空間における集会およびアルコールの摂取に関する監視を強化する。
●宗教関連行事においても、感染拡大を避けるべく、家族・友人と の集会を控えること。

 

3 学校
●フランス全土において、保育園、幼稚園・小学校、中学校、高校 (les creches, les ecoles, les colleges et les lycees)は3週間休校。
●医療従事者等の子弟や困難な状況に置かれている子供たち以外は 、4月5日より1週間、自宅での遠隔授業とする。
●4月12日からは、フランス全土で2週間の春休みとする。
●4月26日から幼稚園と小学校の登校を再開。

中学校と高校は遠隔授業。
●中学校と高校は5月3日より必要に応じて上限を設けた上で登校を再開。
●高等教育機関に関しては学生本人が希望する場合、引き続き週 1日の授業出席が可能。

 

4 今後の見通し
●5月半ば以降の段階的規制緩和のスケジュールについては近く発表する。
●5月半ば以降、文化施設を厳格なルールの下で再開し、条件付きでテラスでの営業を許可する。
●5月半ばから夏にかけての、文化・スポーツ・レジャー関連施設 、イベント会場、カフェ、レストランの段階的な再開に関するスケジュールを計画する。

 

以上です。

個人的にはロックダウンと言いつつも今現在のcouvre-feu(夜間外出禁止令)とあまり変わらない内容なので今までのロックダウンよりは全然気が楽です。

もちろん気を抜くことなく私が出来る感染予防はしようと思っています👍

 

フランスに来て1年半のうち半分以上をロックダウンと夜間外出禁止令の下生活している計算となってしまいましたがこれもc'est la vie.の精神で頑張ります😆

アルザス変異種!?

皆さん、こんにちは!

 

なんやかんや1ヶ月ぶりの投稿です(><)

学校の中間試験や各種手続き関係でバタバタしておりまして気が付けば3月も終わりに。

選抜高校野球も次は準決勝。早い。。

 

加えて3週間前まで雪が降ったり気温がマイナスだったのに現在のストラスブールはお昼の時間帯で20°もあります(予報では今週最高気温24°にもなるとか)。

日もだいぶのびまして19時過ぎまで明るいです。

まぁお陰様で夜間外出禁止の時間も18時から19時になり、ストラスブールの中心地はこんな感じ↓になってしまいました笑

 

f:id:MasaFra:20210330090218p:image

これじゃ、収まるものも収まらないでしょー。

と思いますが、、、。

猫🐈みたいに狭いところでよくもまぁこんなにじっとしてられるなぁと、反対に感心しちゃいます。

 

カレンダーを見たら昨年2020年3月17日から2ヶ月間第1回目のconfinement(ロックダウン)があったらしく、それから1年以上😱が経つ。

私はフランスに来て1年半が経ちましたが、そのうち半分以上がロックダウンか夜間外出禁止令期間になってしまいました🤣

 

現在ではパリを含む一部の県で第3回目の緩いロックダウン中のフランスですが、もしかしたらストラスブールも再ロックダウン!?と思えるニュース↓を今朝見てしまいました。

 

https://www.google.co.jp/amp/s/www.paris-normandie.fr/id178060/article/2021-03-29/covid-19-un-nouveau-variant-detecte-en-alsace%3famp

 

簡単に言うと、「アルザス変異種」と呼ばれる他の変異種とは違う種類のコロナウイルスストラスブールで見つかったというのです。

記事によると、この変異種がどれほど危険で、ワクチンの効き目はどのくらいなのか?という事について詳しくはまだ分かっていないとの事です。

 

私の学校でも現在まで先生達が色々と工夫してくれまして、学校で対面授業を実施してくれていました(私は半々位で対面・オンライン授業を受けてます)。

でもこのニュースの影響で詳細が分かるまでオンライン授業に戻ったクラスもあるとか。

 

来年2022年フランス大統領選挙の動きも徐々に出てきまして、政治ウォッチャーとしてずっと目を離さず見ておりますが、まずはこのアルザス変異種に関してとても気になります。

 

何か進展がありましたらこのブログでお伝えしたいと思います。

 

ストラスブール駅🚉について^ ^

皆さん、こんにちは!

 

フランス🇫🇷の学校は2月20日から2週間バカンスに入りました!!

お陰で街は人で溢れかえってます。

 

参ったことがあり、

先々週までお昼でも-10°とかだったのに先週に入ってから日中17°とかもう春を過ぎて夏なのでは!?と思う暑さ。

その寒暖差にまだついていけてませんが、今週のストラスブールも中々な暑さみたいです。。

 

話は変わって、

昨年6月末からブログを細々と始めて気が付けばこの記事で70個目🎉

皆さんいつも読んでいただいてありがとうございます😊

最近ある読者の方から「コロナで海外へ出掛けられないので、あなたのブログを読んで海外に行った気分になれます」とコメントを頂戴して、大変嬉しく思ってます😊

これからも細々と続けられたらと思ってます!

 

さて、本日は私のブログに何回も出てきているストラスブール↓について投稿します!!

f:id:MasaFra:20210222021723j:image

パリからTGV(日本でいう新幹線)で2時間ちょっと(東京-京都間と同じくらい)の所にあるストラスブールターミナル駅😊

 

外から初めてこのドーム型の駅を見た時は「何と奇抜な‼️」と驚きましたが、

この形になったのは2006年あたりとのこと!

上の写真でもわかるかと思いますが、駅前は

広場になっていて大勢の方がここのベンチに座ってワイワイしてます😆

 

中に入ると、

HALL NORD(北口)

f:id:MasaFra:20210222063314j:image

HALL CENTRE (中央口)

f:id:MasaFra:20210222063348j:image

HALL SUD(南口)

f:id:MasaFra:20210222063422j:image

と、ホームへ行ける出入口が3つあります!

※ホームではもちろん全て繋がっていますが、駅構内だと中央口と南口は繋がっていて中央口と北口は繋がって居ませんのでご注意

 

切符を予めネット等で購入された方は良いとして、当日購入される方は駅構内に何ヵ所かある券売機↓で購入して下さい!!

f:id:MasaFra:20210222063845j:image

 

HALL CENTRE (中央口)からホームへ向かって行くと、こんな↓感じです😊

f:id:MasaFra:20210222064036j:image

 

ここで電車の到着ホームを確認したり、電車が来るまで売店で何か購入したりできます!

北口と南口にも店舗はあるのですが、今は時期が時期なので中央口の数店舗しかやっていません。

 

↓中央口入って正面にあるお店

f:id:MasaFra:20210222064215j:image

↓中央口入って左側の南口との通路にあるお店
f:id:MasaFra:20210222064209j:image

↓こんなものもあります^ ^
f:id:MasaFra:20210222064204j:image

 

↓中央口と南口の連絡通路にある閉まっているお店

f:id:MasaFra:20210222064221j:image

 

写真は撮りませんでしたが、駅構内には有料トイレが二ヵ所あります!

駅には案内掲示板がたくさんありますので必ずたどり着けます(*^-^*)

 

出発ホームが確認出来たらこちら↓から上へ!

f:id:MasaFra:20210222064612j:image

 

ホームはこんな↓感じです!

パリ東駅やサン・ラザール駅もこの様な感じだったと思いますが、私はこのシックな雰囲気が本当に好きです😊

f:id:MasaFra:20210222065058j:image

 

で、ストラスブール駅には有料のコインロッカー(consignes)があり、それがホーム1にあります!!

f:id:MasaFra:20210222065104j:image

↓到着しましたら、勝手にドアを開けずに、インターホンで使いたい旨を伝えてから中に入るみたいです。

f:id:MasaFra:20210222065051j:image

中に入ってから料金を払いますが、荷物の大きさによって料金は違うみたいです。

f:id:MasaFra:20210222070258j:image

営業時間 毎日:7時〜21時

料金   小:5.5€

                  中:7.5€

                  大:9.5€

ただし24時間を過ぎると1日5€ずつ加算。

※現在はコロナの影響でコインロッカーはやっていませんのでご注意下さい。。

 

今度は、反対に

到着してからストラスブール市内へ行く方法です‼️

ストラスブール駅(周辺)にはトラム・バスが停まるので市内やストラスブール郊外へは基本どこでも出られます!!

ストラスブール大聖堂やプチット・フランスがある中心街には徒歩10〜15分程で行けます👍

 

駅の地下にはトラムA線とD線が走っており駅構内から階段かエレベーター↓で降りることが出来ます。

↓中央口出てすぐにあります!

f:id:MasaFra:20210222070832j:image

地下への階段はこんな↓感じ!

f:id:MasaFra:20210222070838j:image

外からもこの↑階段は繋がっており、

駅前広場のここ↓から下へ降ります^ ^

f:id:MasaFra:20210222071845j:image

↓そして、トラムのホームです!
f:id:MasaFra:20210222070850j:image

 

因みにストラスブール駅半地下にはVélhop(ヴェロップ)↓と呼ばれる貸し自転車🚲のお店もあるのでトラム、バス以外にも自転車で移動可能です‼️
f:id:MasaFra:20210222070844j:image

 

また北口から外に出ると目の前にトラムC線があり、駅から少し歩いた所にはB線とF線が走っています。

 

バス停は駅の目の前にあり、ligne2、10、G、H線が走ってます😊

 

以上、ストラスブール駅についてでした!

私は本当にこの駅が好きで、コロナ前は毎週日曜日となるとどこへ行くともなくホームのベンチで読書をしたりボーっと人間観察をしたりして過ごしていました🤣

私の定位置のベンチからの眺め↓です笑

f:id:MasaFra:20210222072302j:image

 

今日はバカンスが始まったという事で若い子3〜4人とかで旅行にでも出かけるのかキャリーバッグを転がしている人をたくさん見ました。

コロナがまだ落ち着いていない中で出かける勇気もない私ですが、どうか気をつけて行ってきて欲しいですね😊

 

Bon Voyage ‼️(良い旅を)祈りを込めて

 

上記21枚の写真、2021年2月21日(日)撮影。

大河ドラマ『青天を衝け』渋沢栄一について!

皆さん、こんにちは!

 

2月14日より始まった大河ドラマ『青天を衝け』をご覧になりましたか?^ ^

f:id:MasaFra:20210217055327j:image

私はまだ見れていないのですが、ネットの記事を読む限り好評だったみたいですね😊

 

主人公の渋沢栄一は私の出身地埼玉県では埼玉三大偉人の1人として有名です!

あとの2人は塙保己一(江戸時代の国学者群書類従の著者)と荻野吟子(日本で最初の女医)です!

私が小学生の頃は「さいたま郷土かるた」というものがあり、渋沢栄一は「っぽんの産業育てた渋沢翁」というものでした😊

今はそのかるたも変わってしまったと聞きますのでどうなっているかはわかりませんが。

 

時は経って私は大学生の頃、京都から埼玉に帰省していた夏に思い立って深谷市血洗島にある彼の生家を訪ねた事がありました😊

高崎線深谷駅(煉瓦造の立派な駅で、東京駅の煉瓦は実は深谷産のものなのです‼️)まで行きそこから徒歩40〜50分程歩いて行ったのを覚えてます。

駅前にはバスもタクシーもあったのですが、なぜか歩きました。

 

駅からまっすぐ生家方面へ歩いていると国道17号線を渡ったあたりから景色が一変しました。一面に広がる田んぼに収穫前の稲が見事に首を垂れていて、時より吹く風が猛暑の中を歩く私の体の汗を嬉しそうに飛ばしてくれました。

その時の写真を残しているかと思いましたら残っておらず、載せることは出来ませんがとても穏やかで関東平野の広さを堪能出来る所でした。

埼玉県北部から見えるこの関東平野雄大さと眺望は埼玉県北部の財産だとこの時から思うようになった気がします。

 

さて、渋沢栄一に話を戻すと、彼は

日本資本主義の父として有名で、生涯に何百社もの会社をつくり、さらに教育や福祉事業も手掛けた実業家であり慈善家。

彼の著書『論語と算盤』を読まれた方は多いのではないでしょうか???

あの有名な「道徳経済合一説」です。

 

私には彼の生涯で好きなエピソードが2つあります。

1つ目は、彼が徳川慶喜の家臣になり慶喜の弟徳川昭武に従ってパリ万博を視察した時。

ここで株式会社制度や電気などの社会インフラの充実さに圧倒されたというのです。

この経験が日本をどうやって一流国へしていくのかという疑問への具体的な答えが生まれたのですね😊

 

2つ目は三菱の岩崎弥太郎とのエピソードです。政商として自らの事業を拡大する事が日本経済の成長と信じる岩崎に徹底して反対するのです。独占ではなく会社が競合し合う社会を目指した彼の思想が見えます。

 

私の母校の同志社大学創立者である新島襄へ多額の寄付をしたことなど、細かいエピソードを挙げればきりがありません笑

これから約1年間の放送。

日本で見れないのが残念ですが、機会があれば見たいなぁと思いますし、渋沢栄一についてももう一度調べ直すのもいいかなぁと思ってます😊

なんたって彼が衝撃を受けたフランスに私は居るのですから^ ^

 

 

 

 

フランスで初めての大雪体験☃️とCafの申請での小咄

皆さん、こんにちは!

 

本日はとても緩め??の投稿です😆

 

ストラスブールでは昨晩(2月9日晩)から雪が降りまして本日も終日降ってました。

朝起きたら庭が真っ白になっており、お昼の気温も−6°ととても寒かった😵❄️🥶

 

↓家の前の通りです。

f:id:MasaFra:20210211051608j:image

 

そんな時にも関わらず、大家さんから「家のchaudière(ボイラー)が故障したので今晩は厚着をして寒さ対策をしてください。明日の朝業者が来て直してくれると思います」と連絡が来ました。😭

現在の気温−5°で、明朝−12°まで下がるみたい。本当に寒いです。。

 

昨年住んでいた寮の部屋も現在の部屋もそうなのですが、こちらの部屋には日本の様にエアコンが設置されていません。

寒い時は部屋に設置されているヒーティング↓のスイッチを入れたら部屋が暖かくなります。

f:id:MasaFra:20210211052324j:image

↑こちらは去年の寮の部屋の物

 

これの良いところは意外と部屋がすぐに暖まることと、これを幾ら使っても月々支払う家賃に光熱費等は含まれているのでプラスしてお金は掛からないことです😊

※全ての寮がそうかは分かりませんが、話した友人は皆んな私と同じでした。

日本だと電気やエアコンを付けっぱなしで寝たりするとその分電気料金が高く付きますよね。

 

逆に暑い時は窓を開けるか自分で扇風機を買うかしないといけません笑😆

昨夏、私は日本から送って貰った扇子とうちわでストラスブール、リヨンの猛暑を越しましたが正直今年もそれで越せるか自信はありません笑

 

セントラルヒーティングのお話をしたついでに家賃補助について。

現在私の部屋は月々430€(53,000円程)の家賃なのですが、Cafという公的機関がやっている家賃補助(アロカシオン)の申請を外国人でもする事が出来ます。

※部屋によっては出来ない部屋もあるみたいなので注意です。事前に要確認。

 

私はまだ審査中なのですが、これに通ると大体150€〜200€の間程毎月補助が受けられます。

なので大体日本円にすると18,000円〜25,000円程という事です。

※この金額は部屋の広さや何人住まいかなどによって変わります。

 

こちらについてはいずれ詳しく投稿したいと思うのですが、とにかく(フランスあるあるで)手続きが面倒くさい。

 

エピソードを1つ披露します。

私は事前にcaf事務所へ行って必要書類リストを貰って予約を取り、その予約日に記載された必要書類の全てを持って窓口へ行きました。

そしたらその時対応してくれたMadameから「あれ、〇〇の書類は?ある?」と言われて「いや、それはこのリストに書いてないから今は持ってない」と言ったら「じゃあ私は何も出来ない」と言ってきました。

「私は授業の合間と自分の勉強時間の隙間をぬって来てるので何回もここに来れるほど暇ではありません。今日やってください。今回はそちらのミスですよね?」と言い返したのですが、私のフランス語が下手だったのか何故か突然英語で話しかけて来ました。

でも何とも訛りの強い英語で聞いていてイライラしちゃったので「私はあなたの下手くそな英語を理解出来ません。フランス語で話してください。聞くことは出来ます」と言い返しましたらそのMadameの目の色が一気に変わり🔥、そこからはもう修羅場でした🤣

 

フランスでは対応してくれる方を怒らせては絶対にダメ‼️と耳にタコが出来る程聞いていたのですが、私は気が短いので耐える事が出来ませんでした笑

数分の言い合いが1時間にも感じましたが、Madameの方が匙を投げて溜息をつきながら「Bonne journée 」と終わらせて来たので、私は何も言わずに書類やペンをカバンに入れて部屋を出ました。

そしたら流石にまずいと思ったのか、そのMadameが部屋から出てこられて「予約だけでも取ってくれ」と言うので、次行く日の予約を取りました。

 

その場で必要書類リストにある物以外も必要と言う「フランス癖」は本当に何とかして欲しいと思います。😆

すぐに用意出来る物なら良いですが、外国から日本にお願いしないといけないものも中にはあるので大変な時は本当に大変です。

こちらで全て1人でやらないといけないのは想像以上に難しいです。

 

私はビザの更新の際、学校登録、そして今回と3回も経験しました。

まぁ日本でもこの様な事は多少ありますが。。

皆さんはこういう経験された事ないですか??

 

でもその時は怒り狂ってましたが、今となっては良い思い出です笑

無事申請許可が降りればいいですが、どうでしょうか?🤔