第3回目のロックダウン

皆さん、こんにちは!

 

昨晩3月31日(水)20時にエマニュエル・マクロン大統領が国民に向けて声明を出されました。

本日はその内容について領事館から来たメッセージを参考に簡単にまとめました。

 

f:id:MasaFra:20210401195628j:image

↑私はエリゼ宮ライブ配信を見ました。

 

現在19の県で実施されている規制措置が、4月3日(土)よりフランス本土の全県に拡大される。

 

1感染状況
●3月頭から、英国変異株の感染拡大が加速的に悪化している。
●英国変異株は感染力が高く致死率も高い。健康状態に問題のない60歳、50歳、更に若い世代も重症化するリスクが高い。
●こうした状況を受けフランス政府は3月18日、19県に対して規制強化を発表した。

それから2週間後の現在、最初の効果が見られるものの、その効果は十分ではない。
医療機関が新型コロナウィルス以外の治療をできる限り中止することなく、より多くの重篤者を受け入れられるよう、今後数日間で更に重点的に対策を取る。
●現在7千床以上ある重篤者向け病床を、医療分野の学生、定年退職者、ボランティア等の協力を得て1万床まで増やす。

 

2 新たな規制措置
●すでに19県で導入されている以下の強化規制措置を本土のすべ ての県において4週間導入する。海外領土・海外県はこの対象とし ない。
●4月3日(土)夜から開始する。
・19時~6時までの夜間外出禁止
・6時~19時の日中は、10km圏内の移動であれば証明書(attestation)なし(住所を証明する書類が必要)、時間無制限で可能。
・地域圏を超えた移動は、4月5日以降やむを得ない理由がない限り禁止。
●テレワークの推奨。
●今週末、「復活祭」のために地域間を移動することは可能。
●公道・公共空間における集会およびアルコールの摂取に関する監視を強化する。
●宗教関連行事においても、感染拡大を避けるべく、家族・友人と の集会を控えること。

 

3 学校
●フランス全土において、保育園、幼稚園・小学校、中学校、高校 (les creches, les ecoles, les colleges et les lycees)は3週間休校。
●医療従事者等の子弟や困難な状況に置かれている子供たち以外は 、4月5日より1週間、自宅での遠隔授業とする。
●4月12日からは、フランス全土で2週間の春休みとする。
●4月26日から幼稚園と小学校の登校を再開。

中学校と高校は遠隔授業。
●中学校と高校は5月3日より必要に応じて上限を設けた上で登校を再開。
●高等教育機関に関しては学生本人が希望する場合、引き続き週 1日の授業出席が可能。

 

4 今後の見通し
●5月半ば以降の段階的規制緩和のスケジュールについては近く発表する。
●5月半ば以降、文化施設を厳格なルールの下で再開し、条件付きでテラスでの営業を許可する。
●5月半ばから夏にかけての、文化・スポーツ・レジャー関連施設 、イベント会場、カフェ、レストランの段階的な再開に関するスケジュールを計画する。

 

以上です。

個人的にはロックダウンと言いつつも今現在のcouvre-feu(夜間外出禁止令)とあまり変わらない内容なので今までのロックダウンよりは全然気が楽です。

もちろん気を抜くことなく私が出来る感染予防はしようと思っています👍

 

フランスに来て1年半のうち半分以上をロックダウンと夜間外出禁止令の下生活している計算となってしまいましたがこれもc'est la vie.の精神で頑張ります😆