アヌシー紀行①(^ ^)

皆さん、こんにちは!!

 
今日は8月5日にフランス人の友人からずっと勧められていて、こっちにいる間に絶対に行こう!と決めていたアヌシーという町に日帰りで行って来た時の事を投稿します!
 
アヌシーはフランスの南東部に位置する町で隣がすぐスイス🇨🇭なので、フランスというよりスイスっぽい感じがします^ ^
フレンチアルプスの中でも1番古い歴史をもち、風光明媚かつ観光地も多数ある魅力的な町です^ ^
IMG_3258
↑私がどこでスクショしたかがバレちゃう🤣
 
行ってきた感想を一言で表すと、
「J’adore Annecy!C’est trop belle ville!」
アヌシー大好き!美し過ぎる町!」です!
 
今回私はBla Bla Bus(行き)とFlixbus (帰り)という高速バスを使って行きました!!
 
朝9時30分 Lyon Gare Perrache乗り場出発のバスです!!
Perrache駅はとても大きい駅で、電車だけでなくトラムや高速バスの停留所もあるので、初めての方には少し複雑かも知れません。
 
IMG_3166
↑電車のPerrache駅から階段もしくはエスカレーターで下に降りるとこの空間に出ます^ ^
ここがバス停乗り場への接続空間で、四角にA〜D出口があります。恐らくチケットにどこの出口から出発か書いてあるかと思いますので、その出口から外に出ます!!私はAでした!
因みにこの場所を下に行くとトラムの駅です!
 
IMG_3168
↑私が乗るバス!乗客は14,5人でした。
乗車前に運転手の方から手にジェルをつけられて、車内ではマスクは必ず着用する様にきつく言われました。
時間通り9時30分出発!!
途中2回トイレ休憩が入りました。
*この写真に写っている黒い短パンで黒い靴を履いている女性の服に「愛」の文字がたくさんプリントされてました🤣
 
12時にアヌシー到着(15分遅れ)!!
IMG_3173
アヌシー駅↑の横に広いバス乗り場があり、そこが高速バスの発着地みたいです!!
 
駅前の通りを歩いて約10分程行った所にあるCentre Bonlieu(観光案内所)↓に行き、地図を貰いました!もちろん無料です!
IMG_3177
↑正面入口を入って左側に観光案内所があります!他にもお土産屋さんやバーガーキングが入ってました!
あとお土産屋さんのガラス張りの展示スペースに何故か汚くなった大トトロの人形がありました笑

IMG_3175
↑ここが観光案内所!!
入る前にジェルが置いてあり、手につける様に中にいる人に言われます。
入ったら銀行みたいな窓口が幾つかあってマダムかムッシューに呼ばれます^ ^
因みに日本語のマップもありますので便利です!
私はフランス語のマップのみを貰いました^ ^
 
観光マップには2つの観光ルートが書かれていて、この順番で回るのがオススメ‼️と分かる様になってます!^ ^
 
ここからはアヌシーのオススメスポットを私が回った順に紹介します!!^ ^
 
1️⃣サン・ジャンの井戸
IMG_3208
マップに沿って歩いてると突如現れます。
サンジャン施療院の唯一の名残との事で皆んなここで写真を撮ってました。
なのでこの写真を撮るのに10分近く人が少なくなるのを暑い中待ちました笑←写真1枚撮るのになんとも。。
 
2️⃣ノートル・ダム・ド・リエス
IMG_3183
井戸を正面に見て右へ進むとあります!
↑16世紀から残る鐘が有名みたいですが、観光客は目もくれず普通にスルーしている方が多かったです。
さっきの井戸よりこっちのが観光資源としてダメなのかな?笑
 
3️⃣サン・モーリス教会
IMG_3187
↑15世紀の旧ドミニコ教会。
ここは皆さん写真を撮っていました!
 
4️⃣サン・フランソワ教会
IMG_3195
↑1610年にフランソワ・ドゥ・サルとジャン・ドゥ・シャンタルによって創設された初めての聖母訪問修道女会の修道院です^ ^
ここは次のパレ・ド・リルの目の前なのでもう人が凄かった!
加えてここでパントマイムをしている人や、何かよく分からないけど紐と玉を使った見せ物をしてる人がいて、それなりに人だかりができてました!
 
5️⃣パレ・ド・リル
IMG_3192
↑私がアヌシーで見たかった物の1つです^ ^
ここは長い間裁判所・牢獄として使われていた施設です。
中を見学する事が出来るのでして来ました^ ^
大人 3.8€ 12〜26歳 2€ 
入口は↑写真↑の裏側です!
 
*監獄の見学と言っても、牢屋がそのまま残っていたりするのではなく(もちろん1部あります)、アヌシーの歴史やアヌシーの建築様式の変遷、この監獄に関わった人物についてのパネルが沢山あり歴史博物館みたいな感じです!!
パネルはフランス語と英語の併記です!
 
IMG_3210
↑館内はこんな感じ!狭いです!

IMG_3218
↑牢屋だったらしいです。結構広めの部屋でした。この牢屋の説明パネルには「何年〜何年まで使用された物」など抽象的な内容だったので、正直ここで何人が収容され、どの様に生活をしていたのか等のイメージが出来ませんでした。

IMG_3219
↑でも、これを見ると「あぁ、牢屋だなぁ!」となりますよね^ ^
すぐ下の運河が少し見えました!

IMG_3211
↑日本で言う2階の展示スペースの横にあったトイレです。
何故かこれ1つしか無かったので当時はどうやって用を足してたのか疑問に思いました。
これについても説明パネル等は何も無かったです。と言うか、この場所に気が付かないでスルーしてる方が結構居ました‼️
私の後について来たマダムから「ここは何?」と聞かれましたが私が聞きたいくらいでした笑
 
IMG_3216
↑見学も最後の方に調理室があります!
でっかい鍋とフライパンがありました!
この窓から外を覗いた時、向かいのレストランで食事をしていたカップルのイケメンムッシューと目が合い、手を振ってくれたので私も振り返したら、それに気付いた彼女さんも返してくれました^ ^

IMG_3220
↑監獄の小さな中庭です!
特に見学をすると言うより雰囲気を味わうと言った方が正確だと思います^ ^

IMG_3197
↑周りの雰囲気はこんな感じです!!
この辺りはアヌシー感があります!
 
監獄見学を期待して行かれる方は少し期待外れかもしれませんが、アヌシーの歴史やアヌシーがどのような産業構造を持って今に至る成長や繁栄があったのか知る事ができるので、私には面白かった^ ^
歴史的にここの都市政策を勉強したくなりました^ ^
日本の地方でもここの精神は活かせる所があるような気がします。
 
IMG_3203
↑何でここにルソー??と思いませんか?
実はルソーは子供時代同情したくなる程厳しい環境の中育ったんです。
15歳で放浪をしていた時アヌシーのヴァランス男爵夫人の屋敷を訪ねて世話を受けるようになるんです。それを記念して建てられたのがこの胸像なんです。
ぼかして言いましたが分かりますよね?😆
夫人の世話になるんですから。笑
 
凄くないですか!?
ルソーの著作は私も学生時代に読みましたし、誰もが認める偉大な哲学者ですが、愛人関係にあった女性の住んでいた家があったからという理由で胸像が建てられるんですよ?笑
←あっ、言っちゃった😆
 
しかもこの像は警察関係の施設内にあるので入っていいのか最初分かりませんでした😭
近くを歩いてた警察官に聞いたら教えてくれましたので写真を撮りました^ ^
てか、観光マップが無かったら絶対にこの像の存在に気付きません!!😆
 
 
いやぁ、意外な所で意外なものと出会います。
 
↑上記18枚、2020年8月5日撮影↑
 
さて、次は
丘の上にあるアヌシー城とBasilique de la Visitation(生母訪問修道女会の修道院)に行こうと思ったのですが、あえてアヌシー湖の方へ行ってみました!!
15時近くになってましたので小腹も空いたので、上に行く前に休憩がてらパンでも買おうと思ったのもその理由です!
 
いよいよヨーロッパ1綺麗と言われるアヌシー湖!!
それらの様子はアヌシー紀行②へ続く^ ^