ストラスブールについて( ^ω^ )

皆さん、こんにちは、こんばんは^ ^

今日は私が現在住んでいるストラスブールという都市についてざっと書こうと思います!
 
ストラスブールはフランス北東部に位置してまして、ライン川を隔ててドイツと接しています。ドイツ語で「街道の街」という意味らしく、その名の通り昔から交通の要衝として栄えた都市です。
 
パリ市内(パリ東駅)からはTGVで2時間程、ド・ゴール空港からTGVで2時間15分程です。
またFlixbus(日本でいう高速バス)などの駅もあるのに加え、ストラスブール空港もあるのでヨーロッパ各地へは基本何処へでも出掛けられます^ ^
日本から来る時や帰る時、私はド・ゴール空港を基本的に使いますが、結構ドイツの空港からという日本人も多いみたいです!
IMG_2745
↑見ておわかりの通りドイツと接してまして、トラムD線porte de l’Hopitale駅から15分程でドイツに入れ、買い物は隣町のケールまで行くこともあります^ ^
 
歴史的に、ここストラスブールはフランスとドイツが交互に治めてきました。
1618〜1648年に起きた三十年戦争の結果この地はフランスへと渡り、その後1871年普仏戦争でドイツが勝利すると再びドイツ領となります。そして1919年第一次世界大戦でフランスが勝利をするとフランス領になり、第二次世界大戦ではドイツに取られてまたフランスが取り返すというように。←すごい変遷。(><)
その影響からストラスブールは街全体にドイツ文化を色濃く残しつつ、「ヨーロッパの歴史を象徴する都市」という事でEU欧州議会欧州評議会欧州人権裁判所が置かれるなどの国際都市としての役割を現在は担っております。
IMG_2033
↑2月上旬に撮った欧州評議会の写真です。
コロナ前かぁ。懐かしい。(><)
 
またストラスブールでは↓のようにライン川の支流のイル川に囲まれた地域を「旧市街(Grande-île)」といい、ストラスブール大聖堂やプチット=フランス(世界遺産の伝統家屋地区)などの観光地やショッピングスポットは殆どここにあります^ ^
因みに私の寮もこの旧市街です。
IMG_2747
 
ストラスブールの街並みや建物は本当に可愛らしく、素敵なもので「あぁ、ヨーロッパに来たんだなぁ」と着いてすぐ感動した事は今でも覚えてます。
反面、足元を見ると犬や鳩のフンががあっちこっちに置いたままだったり、昨晩ここで騒いだんだろうなぁと分かるほど空き瓶や食べかすが道や公園のベンチに放置されたままだったりします。建物や街並みの美しさに反して街の清潔感は日本やドイツに比べたら無いと私は思います。これはフランス全体に言えるのかな😆
 
気を取り直して‼️
 
IMG_2737
ストラスブールのシンボルであるストラスブール大聖堂。こちらについては後々投稿しようと思います^ ^ 2019年9月1日撮影。
 
IMG_1244
ストラスブールの街中を走るライン川の支流イル川。普段は川沿いで写真の様に若者が足を伸ばして夜遅くまでワチャワチャ楽しくやってます😆2019年9月21日撮影。

IMG_1280
↑私の寮近くの通り(la rue des Juifs)。ストラスブール大聖堂はとても高い建物なので基本どこからでも目に入ります^ ^2019年9月29日撮影。

IMG_1695
↑寮の裏側。夜になると灯る街灯が街全体を暖かく包んでいきます。とても幻想的です。
2019年12月10日撮影。
 
また忘れてはならないのがストラスブールと言えば、11月末〜12月末まで開かれる、
「クリスマスマーケット(Marché  de Noël )」‼️
旧市街11の会場に300以上の屋台がズラーっと並び、街全体クリスマス一色にデコレーションされます^ ^
屋台ではツリー飾りやクリスマスにちなんだ人物や動物のガラス細工の人形?置物?、クリスマスクッキーなど色々なものが売られています!!
また私の感想としましては、寒い中歩いていてふと目に入った屋台で売っているVin Chaud (ホットワイン🍷)を友達と飲んだのが最高に美味しかった‼️一気に体があったまります^ ^
 
IMG_1741
↑すっかりクリスマスの雰囲気のストラスブール大聖堂^ ^2019年12月20日撮影。

IMG_1743
IMG_1742
IMG_1744
↑上3枚の写真2019年12月22日撮影。
旧市街にあるPlace Kléber (クレベール広場)に立つ樅木とショッピング施設^ ^
実際に近くで見ると目がチカチカします😆
普段は街の中心にある広場でショッピング施設が周りにあるので人は常に大勢いますが、デモなどでもよく人が集まってます笑

IMG_1638
↑クレベール広場まで行く通り^ ^
2019年12月10日撮影。
この先にある「Auchan」と「Monoprix 」で私は普段買い物をします!
 
以上、ストラスブールの概要でした!!
 
他にも上記にも書きました世界遺産に登録されている伝統木骨家屋地区「Petite-France(小さなフランス)」やあのマリーアントワネットがフランスに来た際に宿泊したと言われている「Palais Rohan(ロアン宮)」、2017年に旧市街地の登録拡張として世界遺産登録が認められた「Neustadf地区」などまだまだありますが、それは追々投稿出来たらと思います^ ^
 
ストラスブールはパリやリヨン、南仏に比べてまだまだ日本人が多くない都市ですので、もしフランス留学をしたいと言う人が居れば私はストラスブールをオススメします‼️
差別を受ける事も無く(私は経験した事ないです)、基本こちらの人は優しい印象です^ ^
 
次は私が何故フランス留学をしているのか?何故ストラスブールを留学地として選んだのか?など投稿出来たらと思います^ ^