クリスマスツリーがクレベール広場に^ ^

皆さん、こんにちは!

 

本日からクレベール広場でSapin de Noël (クリスマスツリー)が設置されます‼️

 

今朝起きたら地域新聞DNAのこちらのニュース↓が携帯にはいりました!

www.dna.fr

 

この写真↓は本日(11月2日)の夕方16時30分頃撮ったものです!(^^)!

※この写真真ん中右あたりにちょっとだけ見えている塔頭ストラスブール大聖堂です!

f:id:MasaFra:20201103014152j:image

 

記事によると先月末(10月26日)にWalscheid(ヴァルシャイト)というストラスブールから45キロほど離れたところにある山で伐採されたとのことです!

今朝8時40分から実際に設置が開始されました。

 

f:id:MasaFra:20201103014139j:image

 近くで見るとやはり大きいです!

木の近くにはそばに寄れないようにフェンスが置かれており、この写真はフェンスから乗り出して撮りました!

 

この木が今月末には、この様に様変わりします(^^♪

f:id:MasaFra:20201103023414j:image

↑昨年のクレベール広場のクリスマスツリーです! 

 

そして私には気になったことがありまして、

それは先ほどリンクを貼った記事の最後にこのような一文があったのです。

 

 Principale attraction du marché de Noël de Strasbourg, annulé cette année pour cause d'épidémie de coronavirus, le grand sapin est un rescapé de l'opération Strasbourg, capitale de Noël, qui draine habituellement plus d'un million de visiteurs dans la capitale alsacienne chaque année.

 

コロナウイルスの影響で今年中止になったストラスブールのクリスマスマーケットの主なアトラクションは、毎年100万人以上の訪問者を引き寄せるアルザスのそしてクリスマスの首都であるストラスブール当局の対応から守られた大きなクリスマスツリーだ)-訳風来坊

 

行政上ストラスブールはGrand Est圏(グランテスト圏)の首府ですし、歴史的にも交通の要衝だったのでアルザスの首都と言われるのはすぐに理解できます。

でも、「クリスマスの首都」という言葉って素敵じゃありませんか?^^

地元の方だけがそう言っていても、誰も相手にしなかったらそう呼ぶことも呼ばれることもありません。

やはり、フランスだけでなく、ヨーロッパで

 

クリスマスマーケット=ストラスブール

 

となるのは地方自治体において本当に強いソフトパワーです。

今回のchalet(出店)無しでのクリスマスの決定の中で、その魅力を守る最後の砦がこのクリスマスツリーなのです。

おそらくこのもみの木は自分がそんな大任を多くの人々から任されていることを知らないと思いますが笑

 

reconfinement(再外出禁止令)がいつまで続くのかまだまだ分かりませんが、ストラスブールが無事クリスマスに多くに方を迎えられることを一ファンとして祈ってます。